眼科の看護師年収は、通常の看護業務と比較してどうなのでしょうか。
それには眼科に関係する、いくつかの医療施設での仕事内容を基準に考えなければなりません。
今回は眼科に関する年収を職場毎に比較し、眼科の年収はどうなのかを、
それぞれの業務の実態と合わせて紹介していきます。

眼科の看護師の年収は職場毎に違う?

眼科で看護師として年収を考えた場合、いくつかの職場毎に分けて考える必要があります。

まず、病棟勤務の眼科に勤めている場合、一般の臨床看護でもオペ室勤務でも、
年収は他の科目と変わらず同じ水準の給料になります。

病院毎の相場による違いはありますが、
基本的には病院内では同水準と考えればよいでしょう。

次にクリニックや個人医院になりますが、
ここで診療方針によって年収は大きく異なります。


基本的に診療が主で、診察と薬剤治療が主なところであれば、夜勤も残業もなく、
業務は楽ですが、病棟勤務の看護師の年収と比較して、
年収は大きく下がるのが一般的です。

また業務内容も看護業務というよりは、
医師の補助や事務業務も兼任といった内容が多くなるのが一般的です。

診療方針がオペ中心の場合、具体的には白内障治療やレーシックなど、
治療に必ず外科的診療が必要になる場合、治療の殆どはオペ中心となります。

当然治療費は高額になりますので、
病棟看護師の年収と比較しても年収は高くなることが多いのです。

この場合、看護師の業務は診療よりもオペ対応が圧倒的に多くなり、
忙しい仕事になります。

このように、就く業務ごとに仕事の内容や年収は大きく異なりますので、
その辺のことを十分に理解しておく必要があります。

眼科で看護師の年収を考えるときに注意すべきこと

このように眼科の収入と業務内容には一定の関係があることがわかります。

業務内容が楽で、仕事のスキルもあまり問われないような場合は、
年収は低くなる傾向に有り、業務内容が高度で、
しかも多忙な場合は年収も大きく向上するということが言えそうです。

つまり、楽をして、年収も高い仕事というのは、
残念ながら存在しないということになるわけです。


逆に年収は低くても楽をしたいのに、
高度な仕事を要求される仕事に就くのも悲劇だと言えます。

例えば何らかの目的をもってクリニックなどに転職を試みる場合、
この収入と仕事内容のバランスは、しっかりと押さえておく必要があるということです。

眼科の看護師で年収も含めた目的で転職をする場合

何らかの目的をもって転職をする場合は、その目的に応じた職場探しが重要となります。

事前にあなたがどんな目的で転職するのかを、
しっかり決めておかないまま職場選びをしてしまうのは、
非常にミスマッチが起こる可能性が高くなります。

安易に職場を決めるのは危険だということですね。

その様な場合は就職先の詳しいデータのあるなしが非常に重要となりますが、
そんな場合は看護師専門の転職サイトに登録しておくことが、
間違いのない転職が出来る早道ですよ。