看護師の年収で夜勤なしの業務では年収が高望みできるのでしょうか?看護師の年収は
一般的に高いと言われていますが、正確ではなく、看護師は初任給が他の職種より
高い一方で昇給はあまり急激ではありません。急激な給与上昇の原因は、夜勤などの特別手当の
増加によるものです。では手当のつかない夜勤なしの看護師年収は期待出来ないのでしょうか。

看護師の年収向上は夜勤なしでは厳しいのか?

看護師年収で夜勤なしであなたの年収を上げたいのなら、
看護師としてのどの基準で考えるかという事が大事でしょう。

夜勤のある看護師との年収差は当然ながら大きいので、
あなたの年収を同じ水準にする事は厳しいかもしれません。

だからといって、年収を上げる事を早々にあきらめる必要もありません。

ただ本気で年収を上げたいのなら、病棟看護師では限界があるのも事実なのです。

業務に努力するだけでは昇給にも限界がありますから、
あなたが今病棟看護師なら、早めの決断が必要になってきます。

看護師の年収で夜勤なしで給与を上げる方法とは?

看護師の年収を夜勤なしで増やすために大きなヒントになるのは、
基本給の高い日勤の看護業務を選択し転職をする事、
そして経営状態の良い勤務先を探す事
です。

特に最近は急な高齢者増加で介護施設や、
訪問看護などの介護業界は看護師が全く足りない状況になっていますので、
基本給の条件が良い職場が増えてきています。


この業界は今後も看護師の求人要求が続く事が予想されていますので、
有望な職場と言えます。

また、手技や処置に自信があれば、
夜勤のないオペ室勤務や外来勤務も狙い目ではあります。

ただこの手の仕事はとにかく忙しい職場なので、
精神面の疲労度合いは大きいかもしれません。

看護師年収を夜勤なしで上げる職種の注意点とは?

看護師で年収が夜勤なしでも多い基本給の良い日勤の仕事には、
色々な仕事がありますが、この最近の傾向を見ていると、
やはり介護関係の仕事は業界の今後を考えても有望だと言えるでしょう。

ただ介護関係の職場は、確立されていない未熟な職場が多く、
医師も含め医療関係者が少ないので、組織の作り込みや施設側の医療行為への認識など、
何かと苦労はついて回るかもしれません。

でも病棟勤務で頑張って年収を上げる努力をする位であれば、
その方がやりがいもあって楽しいかも知れません。

いずれにせよ、あなたのやる気次第ですよ。

職場の検索については、少しでも上の年収を考え、
看護師の転職専門サイトを利用するのが間違いありません。